最近流行りのフィリピン語学留学

語学留学といえば、数年前まではアメリカやイギリス、オーストラリア等、西洋の英語圏の国に行くのが通例でした。



しかし近年、事情が変わって来ています。



同じアジアであるフィリピンに、夏休みなどを利用して短期語学留学をする学生が増えて来ているのです。フィリピンと聞くとイメージするのは危険な首都マニラですが、留学先の殆どはセブ島、安全で美しいリゾート地です。
エア代も欧米に行くよりずっと安く済み、また、物価は日本と比べてはるかに安いので滞在しやすくなっています。
セブ島の英語学校の経営の多くは日本人なので、困ったことが起きた場合でも安心して相談することが出来ます。
肝心の授業内容ですが、欧米の学校はグループレッスンなのに対し、セブ島の学校では基本、先生と生徒のマンツーマンレッスンになります。


日本でネイティブの先生のマンツーマンレッスンを受けたら一体いくら払うことになるでしょう。友人の大学一年生のお嬢さんはこの夏、セブ島の語学学校に短期留学するそうです。


最初はイギリスの学校に行きたいと相談されたそうですが、金額が高額過ぎて困っていたので、セブ島の学校を見つけることが出来て助かった、と言っていました。


セブ島での滞在にはもう一つ利点があります。
観光地なので、放課後や週末にビーチリゾートで余暇を楽しむことが出来るのです。
英語を学びながらダイビングのライセンスを所得して帰国する学生も多くいる様です。近くて安価な留学先として、今後ますますセブ島へ行く学生が増えて来ることでしょう。

産経ニュース